常勝軍団ドイツに降りかかった大きな無念とは

EURO2016準々決勝、イタリアとの死闘が記憶に目新しいドイツ先頭、次の準決勝では生まれ故郷開始で感情も高いであろうフランス先頭との競争になります。
そんなドイツ先頭、実はこういう一戦を前に大きな不安を抱える項目となりました。
まずは決勝トーナメントより1トップに君臨し大健闘を遂げていたゴメスが右手大腿を不具合し早々に今フェスティバルを後にし、中盤の下に構えてあるMFケディラもイタリア戦で左内転筋を不具合し早々に途上トレード、依然分隊の大黒柱でもシュバインシュタイガーも不具合と、分隊内に不具合奴が続出してある。
ノイアーを筆頭としたディフェンス道筋は磐石ではあるものの、圧力達、更に仲間入り講じるバイエルンでも出演機会が与えられず、先頭で始め1窓口としてセレクトされていたゲッツェの不振など気がかりは今までもあったもののここに来て不具合奴頻出とは近々を競り合う上で大きな気がかりとなります。
とはいえ今までも、ゲルマンスピリットをもって様々な逆境を乗り越えてきたドイツ先頭、こんな時だからこそゲルマンスピリットを見せて望むものです。お金借りるならどこ