身体に合ったバッグを作りたいと、ただ今バッグを作る道を歩んでいます。

私は時々、バッグを作ることがあります。
バッグを作ろうと思ったきっかけは、ヘルニアをきっかけとなって身体が痛くなったことでした。身体に負担をかけない、少しでも楽なバッグを持ちたかったからです。
できれば、今後は毎日15分でも良いので、バッグを作る時間を用意しようと思っています。
なぜ、15分でも良いと言っているかといいますと、お洋服も縫いたいからです。
それでも、1日15分バッグ作りのために用意すると、1週間で1時間15分、1か月で7時間半という時間が、バッグのために使えるのです。
これだけ時間があれば、デザインをいろいろ考えることができるし、細かく手で縫うことができますし、場合によっては、ちょっとした飾りつけもできるかもしれません。きっと素敵なバッグができそうです。
これは、バッグ作りに限らず、言えることです。家事、仕事、勉強…15分でも良いから、新しい仕事をしたら、勉強できたりなど、いろんなことができます。
今は通信教育のレポートがあって、それどころではありませんが、一区切りついたら、またバッグを作りたいと思います。http://www.strandvolleybal.net/